検索
  • boutiquelauryn

自分軸と優先順位


なんと3月も後半になっている。。。

今月は息子の卒園式に入学準備、娘の検診に展示販売の準備や在庫調整など。

悪い頭がいつくあっても足りない怒涛の1ヶ月でした。

時間の空いた日は商品メンテナンス・在庫確認の日にしているのですが、

一つ一つのアイテムをじっくり手で触りながら確認している時にふと

「LAURYNの商品の共通点」について考えました。

そもそもが『私の好きなもの・良いと思っているもの・おすすめしたいものを集めました』というお店です。

でも『私の良いと思っているもの』にはさらにお伝えしたいこだわりもあって。

それは、なぜ【一点もの】である必要があり、

なぜ【素材にこだわる】必要があり、

なぜ【本物である】必要があり

なぜ【私に(人に環境に)優しい】必要があり、

なぜ【生活を彩る楽しみ】が必要で、

なぜ【遊び心】が必要で

なぜ【自分の定番を知る】必要があるのか。

この疑問について、自分と自分がセレクトした商品たちの間に立って素直に考ました。

ファッションだけでは無く生活の中の「私の基準・優先順位」の話です。

例えば毎日使う器。

毎日使うんだから好きなものを使いたい。これが私の一番の優先順位です。

でもだからって、子供達に割られちゃ困る。子供たちにはまだ食事中続く集中力は無い。

しかしみんなでとりあえずプラスチックのお皿や100均のお皿を使うというのは嫌。

だったらやっぱり普段から好きな器を使おう。←これが私の選択です。

子供には「皿は落としたら・投げたら割れる」という基本を教えながら、

時にはプラスチック皿も使いつつ。

とってもきの一点ものをいきなり子供に使わせることはしませんが、温もりのある普段使いのできるハンドクラフト作品が私はやっぱり好きなので、もちろんマシーンメイドのものも合わせて、自分にちょうどいい基準でもの選びをしながら普段の生活に取り入れることを楽しみとしています。

私は「自分に(自分達家族に)とってちょうどいいと思える本当に良いもの」を基準にものを選ぶようにしています。それが今の私の最優先だからです。

そうすると行き着く先は自然と、人や環境に優しいものづくりをされているものやエコな商品になります。決して「良いもの=高価なもの」では無いから、良いものに出会えると長く使いたいと思える。

どんな風に作ったのかどんな熱意と経緯で出来たものなのかを知ると、日用品はとくに使いたいと思えるものが絞られます。

ただ私がどうしても、言葉ばかりが爆発的に先行しているように引っかかりを感じてしまう「サスティナブル・エシカルなものづくり」という表現。

SDGsに向けた世界の取り組みについては賛同していますし、新しい習慣や活動にも反対無い。むしろ若者が声をあげて環境を良くしていこう!という現代に感動している日々です。

ただ流行ってるから的な他人軸でもの選びすることに「もうそれ、違うぞ」って。

エシカルと書かれているから買ってみた。

サスティナブルなものづくりと書かれれているから良いと思った。

そうじゃ無いぞーと言いたい。

Boutique Lauryn の商品のセレクトは完全に私軸ですが、

自分が実際に使ってよかったものや好きなものを自信を持っておすすめしています。

これからも楽しい商品を増やしていけたらいいな。



【素材にこだわる】【本物である】【私(人に環境に)優しい】ものをなぜ選ぶのか。

それは自分と愛する人たちとの人生の質をより良く変え、本当の人生の楽しみに繋がるからだと思っています。

【自分の定番を知る】【遊び心を持つ】ことが【生活を彩る楽しみ】になると信じています。

自分に合ったデニムと白いシャツや一枚できれる気持ちのいいセーターのような自分にとっての定番アイテム。

時には遊び心を持って華やかなスカーフで女性らしいムードを楽しんだり、

時にはハードなアクセサリーでエネルギッシュな自分を楽しんだり。

ファッションこそ、自分が心地よく気持ちよく、しかも可愛い、素敵!と思って楽しみたいですよね。 自由にね!

自分の「好き」を基準に軸を作り、毎日の少しの変化を楽しみながら気持ちよく生活をしていきたいですね〜。そうするときっと、生活も気持ちもシンプルになるから。

今日も私の優先順位を確認して自分軸がブレないように、私にちょうどいいを探す日々です。

文字にすると堅苦しいですが(笑)、とっても楽しい習慣ですよ!


閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示